LOGIN
新規会員登録はこちら

最近の投稿

2014-04-19
記事カテゴリ: レビュー

オーストラリア生まれの13mm (5/25追記_2)

Audiofly AF56 Blue Tweed (マイクロフォン付き)

Audiofly AF56 Blue Tweed。
そもそも私、Audioflyと言うメーカー自体このレビュー募集まで知りませんでした。
2009年に作られたオーストラリアのメーカーだそうです。(^^;;;

 

さて、どんな物なのでしょうか?

 

パッケージは比較的シンプル。あまり高級感を押し出したりはしていない様です。

レビュー制作時のamazonで実売¥12,860-ですので、エントリー機以上

ハイエンド未満といったところなのでしょうか?

パッケージ背面からはAF56が見える様になっています。

 

 

そうそう、内箱を出すときにちょっとコツが必要でした。

「PULL TO OPEN」と書かれていますが、内箱内に外箱のベロが差し込まれている為

内箱を上側から結構な強さで押さないと出てきません。

 

 

さて、内箱を開けると、中身は・・・。

イヤホン本体と、ケースが見えます。

 

 

取説と保証書。

 

 

ケースの中にはイヤーチップがSMLの3種。

本体にもひとつMらしき物が装着してあるので、計4つのチップ付きです。

 

 

ケースはアルミっぽい質感で「Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO」の角形ケースを

丸くした感じです。中にはフエルト的な素材が側面まで貼り付けてあり、

このあたりはウールペーパーの様な質感の物が貼り付けられていたUltimate Earsの

ケースよりもいいかもしれません。

 

 

さて、本体。

私のところに来てくれたAF56はBlue Tweed、青でした。(^^

 

 

このハウジングの中にAF56の1番の特徴である13mm径という大型のダイナミックドライバが

収められています。どんな音を聞かせてくれるのでしょうか?

BA型のハウジングは大きい物が多いですが、ダイナミック型の本機も「中に何かでかい物が

入っている」期待感がありながらも、しゃれた「a」マークと丸いシンプルなデザインで

すっきりとオシャレに仕上がっています。

 

 

特徴的な白いケーブルはAUDIOFLEXと言い、CORDURAと言う耐久性の高い繊維を

編み上げてあるそうです。見た目はちょっとクラシカルなイメージ。

 

 

イヤーチップを外しても中にゴミが入らないようにアミで内部が守られています。

これはR側ですが、アミに書かれた「234」の意味は不明。(^^;;;

ちなみに、L側には「1..」の様な記号が・・・。これもまた謎・・・。(^^;;;;;

 

 

もうひとつ外観上特徴的なのは、「Clear-Talkボタン」と「Clear-Talkマイク」。

 

 

AF56はiPhoneやスマートフォンで使用時、電話がかかってくるとそのまま通話を

する事が出来ます。「Clear-Talkマイク」は通話時にこちらの声をひろうマイクです。

「Clear-Talkボタン」はボタン自体はひとつしかありませんが着信時に1クリックで応答、

2クリックでボイスメール、通話中に1クリックで切断、通話中に他の着信があった時は

1クリックで新着信と通話2秒の長押しで新着信無視の操作が出来ます。

更に、音楽を聴いているときは1クリックで再生・一時停止、2クリックで次の曲にスキップ、

3クリックで前の曲にスキップ出来ます。また、iPhoneであれば長押しをすると

siriが立ち上がります。ちなみに、この操作は音楽再生中でも可能。

 

 

この記事へのコメント

  • レビューお疲れ様でした!!
    イヤーチップはよく考えられて作っているのですね~
    LRが触っただけでわかるのも親切ですね(*´ω`*)

  • がじおさん

    >>KAOさま

    コメントありがとうございます。

    イヤーチップは本当に驚きました。
    今までイヤーチップの変更なんて普通にやっていて、大きな音の変化は
    10PRO+カスタムチップの様な特殊なもの意外感じたことが無かったので・・・。

    なんか、さわったでけでわかる突起とかって、シャンプーのボトルみたいですよね。(^^

  • お疲れ様です.

    ん~ん,エージングは”慣れる”という意味もあるんですね.

    Audioflyとして,しっかりとチューニングはされているようですね.

  • がじおさん

    >>harmankardonさま

    コメントありがとうございます。

    確かに、耳が慣れるって事はあると思います。
    でも、やっぱり機械も慣れるんでしょうね。本当に出方変わりますもの。(^^

    Audiofly、よいイヤフォンでした。
    とてもきれいな印象です。(^^

  • > ちょっと気になるのは、R側のみですが耳に装着する時にちょっと押すだけで
    > 「ペコン」とアルミ缶をつぶす様な音が聞こえる事。L側は強く押してもなんの音も
    > しません。
    > これは個体差なんだと思うのですが、精神衛生上あまりよろしくないですね・・・。
    > しかし、なんの音なんだろうか・・・。(^^;;

    私のAF56は左側が「ペコン」します。
    外装のメッシュ部が鳴るのかな?なんて勝手に思っています。
    不思議ですね。

  • がじおさん

    >>exchaさま

    コメントありがとうございます。
    exchaさんのは茶色っぽいやつでしたね。レビュー拝見させていただきました。(^^
    やっぱり「ペコン」します?
    メッシュ部にさわらなくても鳴る時があるんですよねぇ・・・。
    気になっちゃいます。(^^;;;

  • konbu_chaさん

    LとRが区別出来るようになってたんですね。
    気が付きませんでした><

    私はマイクの付いてる方でLとRを区別しています。

  • がじおさん

    >>konbu_chaさま

    コメントありがとうございます。
    私は最近やっとパッと見の形状でLRの区別が
    つくようになりました。(^^;;

  • イヤホンを壊しまくる私には高嶺の花で手が出ません。笑

  • がじおさん

    >>きっちょーさま

    コメントありがとうございます。

    イヤホン、壊れたりしますよね。
    壊れるのって基本的に断線が多いと思うので、
    出来ればケーブル交換出来るモデルを選ぶようにしています。(^^;;

  • レビューお疲れ様です。
    エイジングってヘッドホンにもあるのですねー。
    車で言うとナラシ。
    奥が深いです。

  • がじおさん

    あまり関係ないとおっしゃる方もいらっしゃいますが、
    私は多少なりとも変化があると感じています。
    面白いものですね。(^^

ジグソーでコメントを書く

氏名
がじお
がじお
活動内容
主にTV-CFやMUSIC VIDEOのプロデュースをしています。
職業
映像制作
活動拠点
東京都

フレンド (53人)

  • かるびさん
  • kenさん
  • ちばとどさん
  • hatahataさん
  • 北のラブリエさん
  • さくぞ~さん
  • UDさん
  • おっちぃさん

只今募集中

  • ミズノのトレーニンググッズ「ダッシュビート」で走るタイムを縮めよう!