LOGIN
新規会員登録はこちら

最近の投稿

2018-07-12
記事カテゴリ: レビュー

見た目の印象よりは役に立つ

Andoer ポータブル 写真用 多機能 フラッシュディフューザー ソフトボックス リフレクター デジタル一眼レフストロボフラッシュ用 (2サイズ選択可能)【並行輸入品】

 

 フラッシュに取り付けるディフューザーは素の光だときつすぎるため必需品なのだ。お仕事用のでかいフラッシュから、いわゆるカメラに取り付けるタイプのクリップオン用までいろんな形や用途がある。

本製品はクリップオンに取り付けるタイプのディフューザーだが、おそらく本来はカメラの上にある状態で使うことを考えたものだろう。スナップやポートレート用途に向けたものだと思われる。

こうした製品はいろんなユーザーが色んな使い方をして”使える””使えない”といろんなことを言うわけである。もちろん自分のイメージ通りに撮れなければ意味がないというわけだ。

基本的にこうした拡散光系のものは大きさもいろいろで小さいものだと名刺大程度の面積から人をすっぽりカバーできる2mぐらいのもの。あるいはもっと巨大なものもある。

どんなに大きなものでも距離が遠くなれば実用上面積は小さくなる。一般的には面光源として考えれば有効な距離はその対角線長の1.5倍までとか言われている。

このディフューザーの大きさはA4には足りないB5よりはちょっとあるかな…?程度の大きさである。近距離でのスナップならともかく何メートルか離れたら「んー効果…あるのかなー…」となる。

ところで

僕自身はフラッシュをカメラに取り付けて使うことは年に何回かあるかどうか…。ぐらいのもので、基本的に取材なんかでもスタンドに固定して傘やそれなりのディフューザーを使うことがほとんど。なかでも時間に追われる感じの”ちょっとした取材”の時なんかに時間をかけずに小物や料理を撮るのに使えないかと考えたわけである。

 

ジグソーでコメントを書く

氏名
河野哲舟
河野哲舟
活動内容
料理・建築・人物・風景写真などをメインにWeb・観光誌・各種広告媒体の撮影、コンテンツ制作
職業
プロカメラマン
ときどきライター
ときどきディレクター
まれにイラスト書き
本人もびっくりナレーターw
E-mail
tessue@a6m2.net
活動拠点
沖縄県
website
http://tessue.a6m2.net/

ブログ
http://tessue-photo.blogspot.jp/

フレンド (8人)

  • yasuさん
  • あっくんさん
  • リーダーさん
  • 山田マンさん
  • シンジロウさん
  • aoidiskさん
  • tomoさん
  • Nao-Rさん